2010年03月19日

鳩山首相、3470万円を納税=実母からの09年贈与分(時事通信)

 鳩山由紀夫首相の事務所は16日、実母から多額の資金を受けていた問題に関し、2009年分の贈与税として3470万円を納付したと発表した。09年末には、02年から08年までの贈与税として約5億7500万円を納めている。事務所は「(実母からの)贈与についてはすべて申告し、納税を済ませた」とし、贈与税については一区切りが付いたとの認識を示した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
普天間は無関係=米国務次官補の訪日中止
寄付税制、月内に結論=議論前倒しを指示
公・共の賛成ありがたい=子ども手当法案の衆院通過

愛子さま、登校に依然不安=学校では温かく迎える−東宮大夫(時事通信)
鳩邦、平沼氏と連携も 午後には与謝野氏と協議(産経新聞)
「北陸」「能登」ファンに見送られ最後の旅へ出発(産経新聞)
警視庁捜査1課長を更迭 「私的な不適切行為があった」(産経新聞)
「密約」長期間認めず遺憾=外交文書公開の対策本部設置−岡田外相(時事通信)
posted by ヤナギタ マツオ at 09:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。