2010年03月26日

桜 大阪で開花 観測史上2番目(毎日新聞)

 大阪管区気象台は21日、大阪市で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。昨年より3日、平年より9日早く、観測史上2番目の早さ。1週間ほどで満開を迎えるという。大阪市のこの日の最高気温は20.4度で、4月中旬並みの暖かさだった。【平野光芳】

【写真特集】写真満載 さくら情報2010

【関連ニュース】
【写真特集】これはきれい 写真でみるさくら便り
【天気予報】花見には 全国の天気
桜の開花日:どこが的中? 3機関の予想出そろう
余録:開花予想は花盛り

<強風>首都圏も交通混乱 多摩川では枯れ草火災(毎日新聞)
山手線など一時不通、4700人が車内缶詰め(読売新聞)
政治献金の有無、8割無回答…72教組調査(読売新聞)
【遠い響・近い声】特別記者・千野境子 与那国島それからの異聞(産経新聞)
県外移設は困難=首相表明、普天間問題で(時事通信)
posted by ヤナギタ マツオ at 15:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

<日本鋼管病院>診療報酬過大受給か 育休看護師ら「常勤」(毎日新聞)

 日本鋼管病院(川崎市)が08年、入院患者の医療費算定で基礎となる診療報酬の「入院基本料」最高ランクの施設に該当すると国に届け出た際、常勤看護師数を30人以上水増ししていたことが分かった。「入院患者7人につき看護師を1人以上配置」との要件を満たす証明として、育児休業中の看護師らも含めた架空の勤務計画表などを添付していた。診療報酬を1億5000万円以上過大に受け取った可能性もあり、関東信越厚生局神奈川事務所は近く、病院を立ち入り調査する方針だ。

 同病院は08年7月、神奈川社会保険事務局(現厚生局神奈川事務所)に、一般病棟7病棟の看護師配置を、それまでの「10対1」から「7対1」とする施設基準の届け出を提出。添付した看護職員名簿では、207人の常勤看護師(准看護師を含む)がいるとした。

 だが、毎日新聞が入手した08年7月1日現在の職員配置表によると、207人中15人は隣接するクリニック勤務で、14人は病院の中央手術室など病棟以外の勤務だった。また、3人は育児休業中、1人は産休中だった。

 病院事務局は取材に水増しを認め、「当時の病棟勤務の看護師は175人で、人繰りを円滑にするためクリニックからも非常勤で応援に入れたが、手続きの理解不足で全員常勤扱いにしてしまった」と説明。勤務計画表では育休中も含めほぼ全員をフルタイム勤務としていたが、「記載ミス」とした。そのうえで「正しい勤務時間を計算し直した結果、7対1を満たしていた」と説明するが、再計算結果は「内部資料」として示していない。

 厚生労働省保険局によると、労働時間の要件を守って7対1基準を満たすには、患者1.4人に対し看護師1人の常勤雇用が必要。同病院の申請時の平均入院患者は282人で、必要な看護師は202人になる。応援の非常勤看護師も常勤で働かない限り、基準は満たせない計算だ。同病院は09年3月、施設基準を10対1に戻す届け出をしたが、それまでの約8カ月分は過大請求の可能性がある。

 厚生局神奈川事務所は「当時の看護師の勤務状況が7対1基準を満たしていたのか、病院に説明を求める」としている。【清水健二、野口由紀】

 【ことば】看護師配置7対1の施設基準

 医療の質向上を目的に、06年診療報酬改定で導入。患者1人当たりの1日の入院基本料が1万5550円になり、それまでの最高ランクだった10対1(現行1万3000円)より医療機関の収入が増える。しかし、看護職員の総数が大幅に増えない中、大病院による看護師の囲い込みが過熱し、08年改定後は手厚い人員配置が必要な医療行為を行う施設でなければ加算が認められない。

【関連ニュース】
<関連記事>厚労省:医師と歯科医師41人処分発表 免許取り消し3人
<関連記事>静和病院の診療報酬詐欺:元院長ら控訴の意向 弁護人「偏見で証言評価」
<関連記事>奈良診療報酬詐欺:山本被告と医師逮捕、患者出血死関連で
<関連記事>読む政治:診療報酬増を「偽装」 「長妻氏主導」空回り
<関連記事>診療報酬:明細書付き領収書、10年度から実施 中医協

障害者自立支援法訴訟 和解…負担ゼロ、母の願い(毎日新聞)
訃報 村田良平さん80歳=元外務次官、核密約問題で証言(毎日新聞)
<日本ファッション・ウィーク>東京ミッドタウン中心に開幕(毎日新聞)
生活費8年間で3割節約=大学生、アルバイト増やす−08年度調査(時事通信)
【科学】山崎さん、宇宙で「南極食」 凍結乾燥の卵焼き、牛肉しょうが焼き(産経新聞)
posted by ヤナギタ マツオ at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

九州新幹線「つばめ」、利用者2千万人突破(読売新聞)

 JR九州・新八代―鹿児島中央駅間で部分開業している九州新幹線「つばめ」の利用者が19日、開業から約6年で2000万人を突破した。

 2004年3月13日の部分開業後、1日平均約9100人が利用。来年3月には、博多までの全線開業が予定されている。

 同社営業課は「当初の見込みよりかなり早く、2000万人を達成した。ビジネスや観光だけではなく、沿線住民の通勤通学や買い物など日常的な足として定着しているようだ」と話している。2000万人突破を記念し、同社は20日、九州新幹線の車内で乗客全員にハンドタオルやお菓子を配る。

大阪・松原市、し尿も“ヤミ処分” 年間80トン「処理業者見つからず」(産経新聞)
<交通安全講習>受講で温泉や眼鏡安く…秋田県で高齢者向け(毎日新聞)
元Jリーガーを不起訴=少女わいせつ「事実なし」−東京地検(時事通信)
日本の医師免許がない外国人医師への規制「課題の一つ」―長妻大臣(医療介護CBニュース)
「家計費の節約になるなら…」 主婦、CO2削減負担どうする?(産経新聞)
posted by ヤナギタ マツオ at 12:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。